もうダメだと思っても

立ち上がれる日が、きっと来る。

 「運命の人」は一人じゃない  (実智世)


今は前向きになれなくても、かならずいつか笑える日がくる。後悔や自責の念など、ぬぐい切れない思いはあっても、自分の心に正直に、ゆっくりでいいから、一度きりの人生を自分で選んで進んでほしい。私の経験を通して、そんな思いが伝われば嬉しいです。 

短編小説「あの人が自殺したのはあなたのせいだと思う」  (池上 頁)

著者自身、最初の夫を若くして亡くし、同じような状況の方とたくさんお話しする機会があった中で、身近な人を亡くした方の中でも、その亡くなり方によってそれぞれの葛藤があることを知りました。その中でも、自死で家族や身近な人を亡くした方たちの気持ちを少しでも表現したいと思って書いた短編小説です。大切な方を亡くしてしまった方や自殺したいと考えてしまったことのある方など、様々な立場の方たちに少しでも響けば嬉しいです。

短編小説「愛を盗んだ彼女 」 (池上 頁)


青春時代の切ない恋愛と、著者自らも経験した不妊治療を題材にした短編小説。小説は最近読んでいないとか、長い小説は最後まで読み切れないという方にも読んでみていただきたい作品です。小説家を目指していた前の夫に最後に読んでもらい、その時、「いいと思う」と言ってくれたことを思い出し、死別後数年が経ってから書き直して出版した作品でもあります。
※現在加筆修正中のため、一時的に販売を中止しています。

【オーディオブック版】「あの人が自殺したのはあなたのせいだと思う」 

「あの人が自殺したのはあなたのせいだと思う」プロの朗読によるオーディオブック版です。

 

著者:池上 頁
朗読:荘司 哲也、いしざき みほ、卯月 はな


ブログ「再婚そしてハワイ移住。死別後の苦しみからの一歩」

死別の苦しみから抜け出したい方や新たな人生を考えている方に、こんな人もいるんだ、と何か感じてもらえたら嬉しいという思いで、私の経験や日々感じたことなどを綴っているブログです。